頼んだものが届かなかったり、届いたのに破損していたりしたとはどうすれば良いの?

配送の宅配における発生トラブル種別と現状には何があるの?

宅配配送はWebやTVなどの通信販売では必須のシステムです。 通販全盛の現在、かなりの数量が配送されて数の多い分、トラブルも起こります。 配送トラブルを理解して対応対策を意識しておくこきましょう。 トラブル回避は何より手元に希望の品が届くことが大前提なのです。

利用機会が多い宅配、配送トラブルへの心得

頻繁に配送トラブルが起きているわけではないのですが、ご自身の手違いからも起こる場合があります。 トラブルを理解することで、発生した場合の迅速な対応や対処、防止にも役に立つので日頃から考えておくことも大切です。 どんなトラブルがあるのかを確りと理解しておきましょう。

配送トラブルは起こりえるというスタンスで利用することが大切

宅配などを利用して配送することは一般的になりましたが、同時に人が関わることが多い配送には常にトラブルがあるというスタンスでいることが大切です。 伝票や伝票番号、配送業者の問い合わせ先などは必ず事前に把握しておくことが、迅速なトラブル対応の秘訣になります。

通販では宅配利用が常、トラブル対策は万全に!

昔はTVショッピングや通販雑誌から注文が主でそれほど多くの利用はありませんでしたが、現在はインターネットの通販サイトが数も多く利用も多いことから、通販サイトが一般化したことで宅配などによる商品配送の数がかなりの頻度になっています。
そのため、配送する業者も数多くあり、大手配送業者だけでは間に合わず小規模配送業者や個人配送などに委託していることも多くあります。
それほどの利用があることから、ちょっとしたことで配送トラブルになるケースも増えてきています。
数多くの配送業者が存在し居ながらにして商品を手に入れられる便利なシステムです。
配送トラブルはでて当然と思い、理解した上で利用することがとても大切なので、しっかりと理解しておくとトラブル回避にもつながります。

配送に限ったことではないのですが、人が携わっていることから配送者の勘違いや輸送路の影響による要因もある程度は加味しておく必要はあります。
そして、配送トラブルの代表的なものについて確認してみることにします。

やはりダントツなのが誤配送になります。
これは配送業者側の問題で伝票の入力間違いや送り先の見誤りで起こることが多いのですが、送り手が伝票記入に誤記をしていることも含まれます。
配送センターで人によって仕分けされる点もありますので典型的なヒューマンエラーだといえそうです。
また、誤配の原因の大半が「空目」という現象で、配送ドライバーは存在しないものを見たと認識してしまうことによるものも含まれるようです。

その他に多いのが、破損や破壊といったもので届いたものが壊れていたり、破損した状態で届くというものです。
実は筆者も経験があるのですが、米を注文して届いたときに袋の一部が破れていてガムテープで塞いでいました。
そんな状態で最初から送ったのか?
配送中に発生して修復したのか?
こうなれば関係箇所全て確認することになります。

おすすめリンク

発送代行で迅速に!

無駄な人件費をカットし迅速対応ができる発送代行のススメ!各企業をランキングにしてみました