頼んだものが届かなかったり、届いたのに破損していたりしたとはどうすれば良いの?

>

配送方法や形式、利用業者などを確りと確認

大手の通販サイトでは、配送業者や手続きなど事前の準備がシステマティックになり、特に注意をすることもないように思われますがそれでも配送トラブルは発生します。
どうしても人の手が介入するため絶対ではないのです。
配送を利用する場合に依頼する我々も事前に確認してやくことはあるので、次のような点はしっかりと確認しておきましょう。

・配送業者はどこか
・配送形式はどうなのか
・いつ発送予定なのか

そして、実際の配送手続きをするのであれば、送り先住所や連絡先番号に誤りがないかを確認しておきます。
この段階で誤りがあれば、そのまま配送トラブルに繋がってしまいますので確認をします。

大手の宅配業者では、受付られた物品を追跡できるサービスがありますので、配送後にお問い合わせ番号を連絡してくれるのかも重要になります。

配送トラブルの数々

配送時のトラブルについては既に代表的なものについてはピックアップしましたが、改めてトラブルに対しての要因を確認してみましょう。
確認することで何に注意すると良いのかを知ることで対策もイメージできます。

1.誤配送
誤った場所に配送されたり、配送途中で紛失することもあります。
このようなことが起こる原因としては、送付先の住所に誤りがあったり受領したあと配送業者担当が送り先を入力する際に誤ってしまうことです。
大量の搬送品を仕分け分別することから紛れて消失することもあるのです。
また、配達する人が見誤ってしまうこともあります。

2.破損
配送業者に品が渡ってからの取り扱いなどで破損したり、配送途中でも破損したりします。
取り扱い注意のラベルが貼られていても、人が取り扱うのである程度は避けられないことでもあります。

送る側もある程度のリスクを踏まえてできる対策はしておくことでトラブル発生を低減させることが必要です。


配送の宅配における発生トラブル種別と現状には何があるの?

この記事をシェアする