頼んだものが届かなかったり、届いたのに破損していたりしたとはどうすれば良いの?

>

トラブル低減の配送方法を考える

追跡や保証を受けられる配送方法の選択は、費用にプラスは出ますが一定のトラブルやリスク低減になります。
現在の配送はシステマティックになり、受け取ってから届くまでを追跡できるようになりました。
低料金で配送するのも出てきていますが、追跡や保証がなかったりしますのでご自身で確実性を足るのか否かを選択して利用することです。
送り手としては下記の点に注意をすることで誤配送や破損防止の牽制になります。
・宛先住所の間違いをしない
・追跡の活用
・厳重な梱包

配送トラブルは配送業者によって発生するものも多く、配送業者自身の誤配送などのトラブル防止にどう勤めているのかを知って、利用すべき業者選択でもトラブル防止になってきます。

宅配利用の心得

配送トラブルのまとめになります。
人が出して配送して配達するのですから、どうしても誤りは発生してしまいます。
どう低減していくのかは、日々の努力や対策になってきます。
配送については、何か気になる点が出てくれば必ず配送業者に確認することを前提にすることが大切です。
レター便など安価なものはどうしても手軽で低料な反面、追跡ができなかったりすることもあります。

確実性を少しでも高めるのであれば、追跡機能を利用可能な方法を選択するのがトラブル回避の有力な一つになります。
宛先住所を略式にしないことでも誤配送リスクを低減します。

破損防止は、多少過剰でもしっかりと梱包することも重要になります。
取り扱い注意や壊れ物注意としても、物流上、大量輸送は輸送車に高密度で積むことになります。
そうなることを前提にしっかりと梱包することが破損防止に役にたつのです。
配送業者の選定も注意するのも忘れずにしたいですね。


配送トラブルは起こりえるというスタンスで利用することが大切

この記事をシェアする